かもブログ

かもかも(@kam0_2)の雑記。掃き溜め。備忘録。

備忘録:お気持ち薬の個人輸入について

備忘録であって内容を疑って読むように。

第一に処方箋医薬品の個人輸入について

www.mhlw.go.jp

 原則として許可が必要であるが、

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

条件とは、

毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内

かつ

なお、医師の処方箋又は指示によらない個人の自己使用によって、重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品(数量にかかわらず厚生労働省の確認を必要とするもの[PDF形式:427KB]別ウィンドウで開く)については、数量に関係なく、医師からの処方箋等が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。

これは東アジアの怪しい薬が多い。

また、脳機能の向上等を標ぼうして海外で販売されている医薬品等に含まれる一部の成分(海外からの入国者が国内滞在中の自己の治療のために携帯して個人輸入する場合を除き、数量に関わらず厚生労働省の確認を必要とする医薬品等【PDF形式:119KB】)については、医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって健康被害や乱用につながるおそれが高いことから、数量に関係なく、医師からの処方箋等が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません(ただし、海外からの入国者が国内滞在中の自己の治療のために携帯して輸入する場合を除きます。)。

でないものはOK. 後者には「アトモキセチン」が名を連ねている。詳しく知らないがアデロールを筆頭とするスマートドラッグ類似成分だと思われる。
 これらは薬機法によって定められており、第56条・第56条2が該当するモノと思われる。
 ただし、パチモン医薬品は輸入禁止されている。(薬機法第55条2)

向精神薬は輸入できない

上記を満たしていても麻薬および向精神薬取締法における向精神薬は、第1類・2類・3類にかかわらず輸入できない。

第二節 禁止及び制限
(輸入)
第五十条の八 次に掲げる者でなければ、向精神薬を輸入してはならない。
一 向精神薬輸入業者
二 本邦に入国する者のうち、自己の疾病の治療の目的で向精神薬を携帯して輸入する者であつて厚生労働省令で定めるもの
三 向精神薬試験研究施設設置者であつて、学術研究又は試験検査のため向精神薬を輸入するもの
四 その他厚生労働省令で定める者

向精神薬に指定されているか否かは麻薬および向精神薬取締法の別表3で定められる(第2条)。 執筆時点では

別表第三(第二条関係)
一 五―エチル―五―フェニルバルビツール酸(別名フェノバルビタール)及びその塩類
二 五―エチル―五―(一―メチルブチル)バルビツール酸(別名ペントバルビタール)及びその塩類
三 七―クロロ―一・三―ジヒドロ―一―メチル―五―フェニル―二H―一・四―ベンゾジアゼピン―二―オン(別名ジアゼパム)及びその塩類
四 十―クロロ―二・三・七・十一b―テトラヒドロ―二―メチル―十一b―フェニルオキサゾロ〔三・二―d〕〔一・四〕ベンゾジアゼピン―六(五H)―オン(別名オキサゾラム)及びその塩類
五 五―(二―クロロフェニル)―七―エチル―一・三―ジヒドロ―一―メチル―二H―チエノ―〔二・三―e〕―一・四―ジアゼピン―二―オン(別名クロチアゼパム)及びその塩類
六 七―クロロ―二―メチルアミノ―五―フェニル―三H―一・四―ベンゾジアゼピン―四―オキシド(別名クロルジアゼポキシド)及びその塩類 七 五・五―ジエチルバルビツール酸(別名バルビタール)及びその塩類
八 一・三―ジヒドロ―七―ニトロ―五―フェニル―二H―一・四―ベンゾジアゼピン―二―オン(別名ニトラゼパム)及びその塩類
九 二―フェニル―二―(二―ピペリジル)酢酸メチルエステル(別名メチルフェニデート)及びその塩類
十 一・二・三・四・五・六―ヘキサヒドロ―六・十一―ジメチル―三―(三―メチル―二―ブテニル)―二・六―メタノ―三―ベンザゾシン―八―オール(別名ペンタゾシン)及びその塩類
十一 前各号に掲げる物と同種の濫用のおそれがあり、かつ、同種の有害作用がある物であつて、政令で定めるもの
十二 前各号に掲げる物のいずれかを含有する物

問題は十一項であり、典型的な行政立法といえる。例えば2016年にはデパスでおなじみのエチゾラムが追加されている。

・麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令の一部を改正する政令並びに麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する省令の施行について(通知)(◆平成28年09月14日薬生発第914001号)

素人が見てもわからない。ちゃんと調べよう。まあ国内の代行業者使うなら気にする必要はない。(取り扱いがないので)

要するに

向精神薬指定されていない処方箋は輸入可能。ルネスタとかパキシル?病院行った方が早くね?